商品詳細

旧バージョンをお持ちのお客様専用商品、1年間保守サービス付属

WinReader PRO v.15.0 ServerOS対応 アップグレード版 + 年間保守サービス

商品コード WRP150CPU01

希望小売価格 129,600円(税込) 販売価格  129,600円(税込)

発送日の目安 

発送日の目安について

文書・書籍の電子化を全面バックアップ

●書籍や雑誌をPDFデータに変換
●書類や資料をWordデータに変換
●住所録や表原稿 をExcelやCSVデータに変換
●PDFをWordデータに再変換
○最大取り込み枚数:10,000枚
○フォルダ監視機能搭載
○テンプレートマッチング機能
○サーバーOS対応

「WinReader PRO v.15.0」は印刷された活字文書を、スキャナなどを利用して画像データとして取り込み、 テキストデータに変換する活字OCRソフトです。
【注意事項】
■本商品は、初年度年間保守必須となります。
■購入前に必ず動作環境をご確認下さい。
■本ソフトをインストールするパソコンの台数分ライセンスが必要です(PC1台につき商品1本が必要)。
■評価版につきましては、弊社営業部までご相談ください。
■OCR機能付の商品につきましては、原稿によって認識率が異なります。認識結果の内容は保証いたしかねます。
■原稿よっては、認識できないものもあります(原稿の認識率は100%ではありません)。
■「領収書」「見積書」「請求書」の発行が可能です。(商品と領収書は基本的に別送となります)
■当店ではお客様のご都合による返品・交換はお受け致しかねます。ご注文時に内容を十分ご確認頂きました上ご注文下さい。
■表示している商品画像は、あくまでもイメージ画像です。実際の商品と異なることがございますのでご注意ください。

数量:

動作環境

対応OS Windows 10 Education / Enterprise / Pro / Home
Windows 8.1 / Windows 8.1 Enterprise/Pro
Windows 8、Windows 8 Enterprise/Pro
Windows 7 Enterprise/Ultimate/Professional/Home Premium/Starter
Windows Vista Ultimate/Enterprise/Business/Home Premium/Home Basic
Windows Server 2012 Standard
Windows Server 2012 R2 Standard
Windows Server 2008 Standard/Enterprise
Windows Server 2008 R2 Standard/Enterprise
各日本語版に対応

※インストールには管理者(Administrator)権限が必要です。
※本商品はInternet Explorer 7.0以上、.NET Framework 4.0が必要です。
※64bit版Windows 7/8/8.1/10、Windows Server2012 R2/Server 2012/Server 2008R2/Server 2008では32bit互換モード(WOW64)で動作します。
その他の64bit版OS、Windows 7 XPモード等の仮想環境、Macintoshは動作保証外となります。
また、Windows 8/8.1/10 はデスクトップアプリケーションとして動作します(Windows RTは動作保証外)。
対応機種 上記OSが正常に動作する機種
動作メモリ 2GB以上
※カラー画像など使用状況によってメモリの追加が必要となる場合があります。
必要HD容量 約630MB以上
ディスプレイ解像度 1024×768ピクセル以上
対応デジタルカメラ 300万画素以上で接写可能な機種(400万画素以上を推奨)
※近距離から撮影し、文字が鮮明な画像が必要です。画像が暗いものや歪みのある原稿の場合、文字認識の精度が低下します。
対応スキャナ ○スキャナ
32ビット版TWAIN規格に対応した機種

○複合機
次の入力画像形式でPCへの取込が可能な機種
【BMP・TIFF(非圧縮・G3圧縮・G4圧縮・FX・LZW圧縮/マルチ・シングル)・JPEG・PNG・PDF】

○スキャナメーカー専用インターフェース経由で動作するスキャナ
富士通 ScanSnap(スキャンスナップ)シリーズ
iX100/SV600/iX500/S1500/S1300i/S1300/S1100
※保存された画像ファイルを取込、OCR処理することも可能です。
その他 ・CD-ROMドライブが必要です。
・アクティベーションを行うためにインターネット接続環境が必要です。
※インターネットに接続できない場合、インターネットに接続可能な別のパソコンを使って代理認証させることができます。